企業信用調査を依頼する依頼者の注意点

依頼者側の注意

企業の信用調査は、取引相手の情報を調べるものであって自分達はその調査結果のみに注意を払う必要がある。
そう思って依頼を出している企業も、もしかするとあるかもしれないのでここで注意をしておきます。

 

調査依頼をするということは自社は大丈夫なのですね?
また調査をおこなうということに対してのリスクは大丈夫ですか?

 

探偵に企業の内情を調べてもらうわけですから、自分達サイドのこともある程度知られることになります。当然探偵業者には守秘義務という規制があり、依頼者と調査対象者の情報を無闇に外部へ漏らさない、または双方の不利益になるような使い方をしないように規制がされているのですが、もしも悪質な業者に情報が渡ってしまったら?

 

そんなことを気にしていたら調査自体依頼することが出来ないじゃないか、と思うかもしれませんが、これは大変重要なことなのです。

 

何故なら、探偵業界で悪質な業務をおこなう業者とのトラブルとは年間に数百件以上報告されているのです。もしもその中に自分が依頼した業者があり、知らないで依頼をしてしまい、後々になってそのことでトラブルになってしまったら?

 

当然企業で働く人にとってその変のリスクを計算して行動をしているとは思いますが、個人ではなく企業として行動することを考えて慎重に探偵事務所を選ぶ必要があるのではないかと思います。